電気通信大学同窓会 目黒会

首都圏総支部

設立/2005年

支部紹介

会員の皆様には様々な形で首都圏総支部にご支援ご協力を賜り心より感謝申し上げます。
首都圏総支部は、2005年9月24日に創設され今年15周年を迎えます。東京、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、神奈川、山梨、新潟の1都8県在住の会員約2万人(内、正会員約6千人)を対象に活動を行っております。
2019年度は昨年7月に総会、10月には秋の交流会を長野支部と合同で開催、併せて首都圏北部地区分会総会を開催致しました。しかし2020年度は新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言に伴い、感染防止、会員の安全と健康を第一にしつつ会員間の親睦を深める方針を役員会で確認し、2月より役員会はオンライン会議とし、長年継続してきた「母校の桜を見る会」を中止、当初7月に予定していた「総会」も9月に延期し、オンラインでの開催となりました。オンラインにし学生会員にも参加を呼びかけた結果、新入生を含め初めて学生に参加頂くことができました。11月にはオンラインで首都圏総支部「秋の交流会」兼首都圏北部地区分会総会を予定しております。
我々の先達は常に試練を克服しコミュニケーション技術の側面から進歩・革新の歴史を築いてこられました。会員の皆様には一人でも多くの方をお誘い頂き、交流を深め連携の輪を拡げ共に支えあって試練の時を乗り越えていきたいと存じますので、ご理解とご協力を宜しくお願い致します。現在コロナ禍の影響で学業に支障をきたしている学生を支援するため、大学UEC基金にて寄付を募っております。ぜひ趣旨をご理解頂き、ご賛同賜りたく併せてお願い申し上げます。

首都圏総支部 総支部長 竹田 智彦(1978年電子工学科入学)