名誉会長・会長挨拶

名誉会長挨拶
会長挨拶


名誉会長挨拶

2020年4月より学長となりました。学内外の皆様のご支援ご協力を頂き、本学の抱える問題一つひとつへの解決の先頭に立ち、本学のますますの発展に全力を尽くす所存です。どうかよろしくお願い致します。

本学を取り巻く情勢

今、政府は、サイバー空間と現実社会が高度に融合した「超スマート社会」を未来の姿として共有し、その実現に向けた一連の取組みを「Society 5.0」とし、更に進化させつつ強力に推進しています。本学は未来社会の究極である『イノベーションを生む機能を内包する「持続的自律進化+多様な幸せ度最大化」社会』の実現に向け取り組んでいきます。この未来社会の構築に必要とされている基盤技術・コア技術分野は、本学の専攻分野にほぼ過不足なく重なっており、このことは、本学の立ち位置の優位さであり個性・強みであるとともに、大きな責務の負託であると考えます。

本学の今後の取り組み

私たちは、その負託に具体的に応えるための総合戦略として、「D.C.& I.戦略」を打ち出しました。価値創造のための不可欠な基盤として「D=ダイバーシティ(分野、人材、対象など、多元的な多様性)」を尊重し、「C=コミュニケーション(異なるものも含めた要素間の相互理解、相互作用、相互触発、結果としてのさまざまな連携と協働)」を活性化させて、全構成員の自発的、実践的、かつ多様な活動を尊重し、その上で、既存の枠組みに捉われることのない幅広い連携・協働・共創を推進して、価値創造、人財育成における「Ⅰ=イノベーション」の持続的創出を目指すというものです。
本学は、この「D.C.& I.戦略」に基づき、世界から認知される大学として、持続発展可能な社会の構築に寄与する新たな価値を創造し続けるとともに、グローバルな環境下で社会を先導することのできるイノベーティブな人材を育成・輩出して参ります。

同窓会への期待

同窓会もD.C.& I.戦略で強化して、老・壮・青の卒業生(D)が集い、相互にコミュニケーションし(C)、新たな同窓会活動を産み出す(I)ことを期待しています。同窓会と本学との連携も強化していきたいと考えています。
現在のところ残念ながら電通大の一般社会でのプレゼンスは高くありません。D.C.& I.戦略で教育力と研究力を向上・強化し、「小さくても光る大学」としての特色を強力に打ち出し、電通大をブランドにするべく努力します。皆様のご協力をお願いします。

電気通信大学同窓会 一般社団法人目黒会名誉会長
電気通信大学長 田野 俊一

このページのトップに戻る


会長挨拶

はじめに

この度、2020年6月の定時総会で新しく会長に選任されましたので、一言ご挨拶を申し上げます。

電気通信大学は2018年12月に100周年を迎え、目黒会は2021年度に創設80周年を迎えます。日本は半世紀余り続いた成長の時代をすぎ、少子高齢化や真のグローバル化等の課題に対応せねばならない時期を迎えつつあります。この変化する時の中で、今後のあるべき方向を模索しながら、大学との協力関係を含め同窓会の発展に努力して参ります。

目黒会の活動について

電気通信大学の学生は堅実で責任感の強さが魅力と言われており、卒業生が社会で長年培って来た実績も含めて評価されております。大変喜ばしいことと考えます。これまで目黒会は在学生への就職支援や卒業生に対する様々な支援活動を拡大して参りました。登録されている目黒会会員は4万人を超え、正会員も1万人規模となり、国内10支部、海外8支部を擁する一般社団法人として活動を進めております。これから更に大きく変化していく社会の環境に対応し、同窓生の皆様の立ち位置を活かしながら、生涯に亘り活躍できる支援を目指します。

2020年度目黒会活動 基本方針

少子高齢化による社会・大学の大きな変化に対応すべく、従来の目黒会活動を基盤に、新たな方向性を確立するための活動を展開します。

(1) 情報提供等インターネットを活用した会員サービスの強化
(2) 大学への支援と連携を強化する活動の推進
(3) 組織体制の再構築による委員会活動等の効率化

電気通信大学同窓会 一般社団法人目黒会
会長 大家 万明