委員会活動

目黒会の活動方針、運用は、会員で組織する委員会によって進められています。

平成29年度委員会活動計画

以下の委員会名をクリックすると、各委員会の活動計画を詳しくご覧いただけます。

UEC基金支援委員会
100 周年記念事業支援委員会
規則委員会
財務委員会
寄付金運営委員会
就職委員会
組織委員会
グループ委員会
国内支部委員会
海外支部委員会
広報委員会
社会貢献委員会
学術講演委員会
ICT活用委員会


UEC基金支援委員会

(1)基本方針
・目黒会として、来年2月までに4,000万円集める。
大口     2,000万円 (100万円 X 20人)
新規寄付者  1,500万円 (1万円 X 1500人)
その他      500万円
・100周年以降 毎年2000万円寄付が集まる仕組みを作る

(2) 方法
現在審議中

(3)具体的なスケジュール
TBD

このページのトップに戻る

100 周年記念事業支援委員会

(1)ホームカミングデー支援

(2) 100周年事業支援
大学の関係部門(100周年事業実施委員会、社会連携センターなど)や調布市などと連携を取って進めていきます。

このページのトップに戻る

規則委員会

(1)目黒会文書(規定類)の見直し

(2)定款で別途定めることとなっているものが定まっているかどうかの確認

(3)既存の内規の内容を検討し、既存の規程に追記すべき内容があれば、既存の内規に追記する

このページのトップに戻る

財務委員会

(1)予実算管理の自動化の検討(財務事務工数の削減)

(2)コストの利用目的別の可視化による無駄の排除

(3)戦略的予算策定の検討

(4)特別予算の用途について

このページのトップに戻る

寄付運営委員会

(1)会長方針に従い寄付金の適正かつ有効な使途を取り纏める。

(2) 具体的な利用方法については、会長、理事、各委員会委員長からの提案をつのる等の方法で進める。

(3)提案された使途を吟味選択し、理事会にて報告を行う。

(4)寄付金の適正な利用について、財務委員会と連携してこれを予算化し、遂行を遵守するように勤める。

(5)事務局、各委員会等と連携して寄付金の募集を支援する。

このページのトップに戻る

就職委員会

(1)来年度も今年度同様のイベントを企画・準備をしております。

(2) 登録者も増えてきており、就活学生の目黒会就職支援活動の認識が大きくなっているのを感じられる。

このページのトップに戻る

組織委員会

(1)国際研究発表助成支援開始

(2)収入増加策(賛助会費増額と学生正会員化)の総会決議と導入の準備

(3)学生正会員の同窓会帰属意識の向上策の策定(10年後の再加入率増加)

(4)学生支援の具体的方法の策定

(5)会費徴収の自動化(カード引き落とし等)などによる会費支払い増加方法の検討

(6)正会員に対する会員満足度向上策の検討;あるべき会員へのサービスなど
(会員への割引サービス、転職対応、終活サポート、OBゴルフ大会等の娯楽、産学連携支援、産産連携支援、等)

このページのトップに戻る

グループ委員会

(1)登録目標50グループに向けて、引き続き、様々な方法で勧誘を行う。

(2)会報誌などで登録グループの活動紹介を行う。

(3)平成29年7月16日のホームカミングデーにてグループ会代表者懇談会を開催する予定である。

このページのトップに戻る

国内支部委員会

(1)国内支部活動方針
・支部活動の活性化 (分会活動の促進で新会員確保)
・UEC基金支援活動 (各支部組織力強化で寄付文化醸成)
・支部間連携の強化 (支部委員会で具体案を作成推進)
活動資金として、支部支援金制度を恒常的な制度として理事会承認を得る。

(2) 国内支部総会スケジュール
本部代表として出席する理事は、下記項目を意識して交流の輪を広げていく事にする。
・積極的に支部参加メンバーと交流する
★・UEC基金に対する協力依頼を交流した会員と会話する。
(出席者は勿論ですが、それ以外の会員の方にも伝えて頂く事をお願いする。寄付への協力が難しい方には極力その理由を尋ねる。今後の重要な情報になります。)
・出張報告者を決め支部総会終了後出張報告書(全体写真付)を2週間以内を目途にkanbuのメーリングリストで報告する。

支部総会スケジュール

関西 九州 東北 中国地方 首都圏 長野 北海道 東海 四国 北陸
5/27 6/3 6/17 6/23 7/1 7/8 9/23 11/4 11/11 11/18

このページのトップに戻る

海外支部委員会

(1)ホームカミングデーにて、アメリカ・ベトナム・北京・上海・韓国・タイ支部の各支部長を招聘し、現役留学生との交流を行う計画である。

(2) アメリカ・ベトナム・北京・上海・韓国・タイ支部総会を開催する計画である。
1.アメリカ支部総会(9/30(土))
2.ベトナム支部総会(10/7(土))
3.北京支部総会(10/21(土))
4.上海支部総会(10/22(日))
5.韓国支部総会(10/28(土))
6.タイ支部総会(2018/3/3(土))

(3)インドネシア・マレーシア支部を設立する計画である。

このページのトップに戻る

広報委員会

(1)会報誌調布ネットワーク(29-2,30-1)の編集企画

(2) WEBマガジンの企画運営

広く会員からの声を聞きコンテンツのますますの充実を図る。

このページのトップに戻る

社会貢献委員会

(1)調布少年少女発明クラブの支援

(2)子供工作教室の支援

(3)おもちゃの病院の支援

(4)学生サークルの地域貢献活動の支援

このページのトップに戻る

学術講演委員会

(1)スマートテクノロジーフォーラムの開催
テーマ:人工知能は生活・社会に何をもたらすか?
日 時:平成29年9月27日(水) 13:00~17:30
場 所:電気通信大学 B棟202教室
参加費:無料(予稿集付)
講演内容:
1.人に寄り添う人工知能の実現に向けて
2.人工知能は不動産物件情報のウソを見破れるか?
3.ディープラーニングと画像処理への応用
4.人工知能が浸透する社会を考える
懇親会
日 時:平成29年9月27日(水)17:40~19:00
場 所:大学会館 2階(生協食堂)
参加費:2,000円

(2)見学会
講演会場にて詳細案内配布
日 時:平成29年9月28日(木)午後に2か所見学予定

このページのトップに戻る

ICT活用委員会

(1) 目黒会ITシステムの調査・改善
来年度以降,賛助会費の値上げによる収入増や施策の多様化に伴い,事務局業務・委員会・支部活動の効率化,情報セキュリティの確保に向けて,目黒会のICTシステムの機能とセキュリティを段階的な改善を目指す.今年度は現状のIT資産をリスク評価も含めて把握し,来年度以降を含めたITシステム関連の構築計画を立案する.
ITシステム改善例:
– ファイル共有の実現
– ビデオ・音声会議の普及推進
– 事務局・リサージュ内IT環境改善

(2) 情報セキュリティ規定類検討
目黒会の情報資産の全容を明らかにして,どのような規定が必要かを把握し,適切な検討体制を設置して改定案を検討する.

(3) インターネットを活用した目黒会広報手段の企画
特に若い層の卒業生に目黒会の活動をアピールするため,現状のウェブサイト,メール一斉配信,公式Facebookページによる情報配信に加えて,新たなチャネルを構築する.