[スマートテクノロジーフォーラム]
STF<2020>/ STF開催報告

学術講演委員会 水戸和幸

2020年9月30日(水)の午後1時~午後3時10分に渡って、スマートテクノロジーフォーラム(STF)2020 を開催致しました。今回は、新型コロナウィルス感染症の拡大防止対策としてZoomウェビナーを活用したオンライン開催となりました。フォーラムには、会員(卒業生)、企業、学生、地域の方、約60名が参加されました。

今回のフォーラムは、昨年に続き、進歩の著しい医工連携技術に焦点をあて、「人生100年時代に向けて ~健康長寿社会に向けた医工連携技術~」をテーマに取り上げ、2件の講演者を招いて開催しました。講演会に先立ち、冒頭に当委員会会長の三木哲也名誉教授より本フォーラムの歴史と開催趣旨、2件の講演内容についてご説明をいただきました。

最初の講演では、国立大学法人電気通信大学教授の狩野豊先生より「健康寿命を支える骨格筋を元気に保つには~筋細胞研究からの提言~」と題して、廃用性筋委縮による筋力と筋持久力の低下が健康年齢に大いに関係することや、トレーニングによる筋肥大、および筋力増強のメカニズムについて筋細胞の再生能力やカルシウムイオンをキーワードに分かり易くご説明いただきました。特に、健康寿命を支える骨格筋を元気に保つには、筋肉を伸ばしながら力を発揮するエキセントリックトレーニングが効果的であるというお話は、非常に有益でした。

2件目の講演では、東京慈恵会医科大学准教授の鬼頭伸輔先生より「うつ病治療の最前線~ニューロモデュレーション療法~」と題して、国内においてうつ病患者が年々増加傾向にあり、抗うつ薬による治療では3割の方が完治できず、新規治療法として脳刺激法のひとつである経頭蓋磁気刺激(TMS)や反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)の必要性と現状の治療法と効果について、丁寧にご説明いただきました。最新研究として、在宅治療に利用できる小型医療機器の開発のお話は興味深く、今後の研究発展の動向が楽しみとなりました。

参加者の方々も熱心に耳を傾け、各講演での質疑応答も活発で、参加者の理解を深めることができました。

講演会終了後のアンケート結果を見ますと、9割の方が「非常に面白かった」、「面白かった」との回答であり、講演テーマと内容が、参加者皆様にとって身近で、有益であったことが窺い知れました。最後に、本講演会の準備、運営にご尽力いただいたスタッフの皆様に感謝し、スマートテクノロジーフォーラムの報告といたします。