[スマートテクノロジーフォーラム]
STF<2018>/「次世代自動車は社会に何をもたらすか?」

株式会社野村総合研究所 グローバル製造業コンサルティング部 上級コンサルタント 守岡太郎

「100年に一度の大変革」が訪れているとされる自動車産業において、自動運転は憧れと共に取り上げられている。これは、先進テクノロジーが現実のものになりつつある興奮だけでなく、社会に与える変化への期待が大きいためであろう。

この期待は、ドライバーが運転のタスクから解放されて、移動中の時間を有意義に使えるといった個人的な便益や、交通事故が無くなる、交通弱者がいなくなるといった社会課題の解決によるものだけではない。移動や物流のコストが大幅に下がることで、これまで利用者が足を運んで受けていたサービスを自宅や移動中に受けられるといった、全く新しい社会をもたらす可能性にもよるものである。

しかしながら、その夢の姿を実現するには、様々な課題が残されている。特に技術面でみると、Lv.5に相当する、いつでも、どこでも、完全な自動運転を実現することは非常に難易度が高い。現在想定されているアーキテクチャでは、完全な自動運転には完全な地図や完全な無線通信が求められるが、これらを前提にすることが不可能だからである。

また、法律面の課題としては、事故時の責任問題が挙げられる。自動運転車で事故に遭った時の責任を自動車会社は負いきれない。過失割合を問わずに被害者救済を意図した自動運転向けの自動車保険の提供も始まり、地ならしは進められているが、完全な自動運転が実現するまでは、「最後はドライバーの責任」というこれまでの自動車保険の建て付けを捨てることは困難であろう。

したがって、システムが責任主体となるLv.4相当の技術が搭載された車両が登場しても、制度上はLv.3の車両として扱うことで、あくまでドライバーに安全への責任を負わせざるを得ないのである。

Lv.4相当の機能が搭載された車両を手に入れたドライバーは、できるだけその機能を使おうとするので、禁止されている場所でも自動運転に身を委ねるドライバーが出てくるであろう。これは、高速道路の制限速度を超過して走行する自動車がかなりの数に上ることからも容易に想像される。

この時代、Lv.4 相当の車両は自動運転での走行を続けながら、絶えず自身の自動運転の信頼度を評価し、自動運転しやすい道路と間違いやすい道路を判定する役割を担うことになる。この判定に基づき、誤認しやすい白線を引き直したり、カーブや路肩の形状を改修することで、自動運転に向いた道路環境の整備を進めていくことができる。

そのような環境整備が続けられ、「ここ何十年も交通事故を見たことがない」という時代がやって来て初めて、社会は完全自動運転への移行を受け入れることになる。

それまでの間、わたしたちはLv.3相当の自動運転を使うことになるが、それでも交通事故は半減するとの試算もある。技術の進歩に応じた安全性・快適性を享受しながら、夢の完全自動運転の世界への道を推し進めることになるのだ。