[表彰]
平成27年度同窓会賞の表彰式と講演会

御手洗 顕 氏、平成27年度同窓会賞を受賞

同窓会賞の授与式は、平成27年4月6日の午前11時から、新入学生が集まる入学式の後半に行われました。目黒会野々村会長から、同窓会賞の趣旨説明や、受賞対象者の御手洗氏の業績及び受賞対象として評価できる旨を説明し、表彰状・副賞を授与しました。そして、同窓会賞を受賞した御手洗氏が、後輩になる新入学生に対して、御自身の会社生活を経験して得られた教訓や考え方など、講演をして戴きました。特に、感銘を受ける講演会だったので、御手洗氏の了解を得て、会員の皆様に講演内容を公開することといたしました。下記の講演内容の文字をクリックしますと表示することができます。

新入学生に対する講演内容←表示するにはクリックしてください。

2015dousoukaisyou_hyousyousiki_phot

野々村会長から表彰を受ける御手洗氏

同窓会賞の概要

電気通信大学は現在までに多数の卒業生を送り出しています。世界の各方面で活躍している卒業生のうち、科学技術の研究業績ならびに社会貢献が特に顕著な方に、電気通信大学同窓会「一般社団法人目黒会」が「電気通信大学同窓会賞」を授与してその功績を称え、同窓生の方々にも広く認めて戴くことにしているものです。1995年からこれまでに25人の方々が受賞されています。

受賞者:御手洗 顕(みたらい あきら)氏 プロフィールと業績

(経歴)
1964年 電気通信大学電気通信学部電波通信学科卒業
1964年 シャープ株式会社入社 (当時の社名は早川電機工業株式会社)
1989年 情報システム事業本部OA事業部長
1993年 取締役情報システム事業本部長
1995年 取締役技術本部副本部長兼マルチメディア開発本部長
1997年 取締役環境統轄兼環境安全本部長
2001年 常務取締役通信事業統轄
2004年 代表取締役専務取締役、環境・渉外統轄兼東京支社長
2006年 顧問
2008年 シャープ株式会社退職
2008年 桃山学院大学理事
2010年 シャープ社友会、会長就任、現在に至る

(業績)
御手洗氏は、1964年3月電気通信学部電波通信学科卒業、同年4月シャープ株式会社(当時社名:早川電機工業株式会社)入社。情報システム事業本部にて製品開発に携わり、同社取締役情報システム事業本部長、常務取締役、専務取締役などを歴任。現在はシャープ社友会会長。
同社での開発業務において、公衆回線用モデムを内蔵した小型データ処理端末機、FAX機、電子式キャシュレジスター、POS、オフコン等の産業用情報機器の開発に携ったことなどの業績があります。経営者としては、日本語ワードプロセッサー(商品名:書院)、個人用携帯端末PDA(Personal Digital Assistant)(商品名:ザウルス)の事業化、通信業界初のモバイルカメラ付き携帯電話機の商品化・事業化などに尽力し、これらの市場拡大に貢献しました。
一方で、総務省情報通信審議会委員、産業構造審議会委員、中央環境審議会委員、家電リサイクル合同委員会委員の公的委員を歴任、特に家電商品の環境対策に尽力し、家電リサイクル法成立、家電リサイクルの実現に貢献しました。また、一般社団法人日本電機工業会(JEMA)環境政策委員、一般社団法人ビジネス機械・情報システム産業協会(JBMIA)政策委員長等の業界団体委員の要職も歴任しており、業界の発展に大きく寄与しました。

<取材:広報委員会>